Know the Overpaid知らなきゃ損する過払い請求

相続手続きの起源について

日本で家族の遺産を受け継ぐには、相続手続きが必要です。相続手続きは法律の知識がないと、満足に行えません。そのため、相続手続きは法律のプロに相談して、任せてしまう人もたくさんいます。しかし、日本の財産相続の起源を知っている人は、あまり多くないでしょう。 日本の財産相続の歴史はとても古く、奈良時代まで遡ります。当時は、生きている間に『在日処分』という名目で、財産処分を定めることが可能でした。

時代が中世に入りますと、『処分状』を作成して、財産分与を行うことが当たり前となります。 武士の時代になると、財産処分が制限されます。それは武士が、主君から封録をもらう形になったためです。それに対し農民の間には、遺言相続という原則が受け継がれました。現在の相続は、その時代の庶民たちのルールが起源といえるでしょう。

遺産相続手続きを行える人は

手続きができる人は、実際に相続することができる方となります。もしくは代行することがわかっており、代行の依頼書などを持っている場合に限られています。それ以外の方が勝手に遺産相続手続きを行ってはいけません。

なにもないのに手続きを行って、全く違うと判断されるなどの問題はとても良くありません。かなり厳しく見ているところもありますので、依頼を出している場合でも代行が上手くできないケースがあります。

とにかく問題が起きないようにするため、自分で行うのが一番理想的と判断してください。その方が無理をしなくてもいいこと、遺産相続手続きが行えないまま代行が失敗しているなどの問題が起こりません。

面倒な遺産相続手続きを改善する方法

結構面倒で、時間もかかってしまうとされる遺産相続手続きですが、改善する方法が個人でもあります。とにかく空いている時間帯を狙ってください。空いていない時間帯を選んでしまうと、その時点で利用するのが困難となります。

特に銀行の場合、空いている時間帯と混雑している時間帯が表示されて、空いているタイミングを作りやすくなります。後は自分がいいと思っているタイミングで利用すればいいだけですが、空いている時間帯でも遺産相続手続きだけは遅くする銀行があります。対応が遅いようなら、後日来店してもいいか聞いてみるといいでしょう。

遺産相続手続きが未来を変える

受け取ることを狙うのか、それとも受け取らないで捨ててしまうのか、これによってかなり変わってくるのも事実です。最初のうちは、受け取らなくてもいいだろうと思っている方もいますが、遺産相続手続きをして受け取ったほうがいいケースも多く、遺産というのは大事になってきます。

金銭的に相当大きな場合もありますので、金額が多くなっていればいるほど、受け取るための準備も行ってください。いい部分をしっかり作りつつ、なるべく受け取って将来的に使っていくことを検討してください。使わないで残しておくのもいいですが、受け取ったら使いたいものです。

遺産相続手続きに強い専門家は

被相続人が亡くなり、相続人に遺産相続手続きの話が起きてきます。当人同士で解決できるならば問題がありませんが、遺言状の内容に不服があるなど、身内で争いに発展することもあります。そうならないためにも、事前に専門家に相談しておくことがおすすめです。

しかし、相談内容によっては依頼する専門家が異なってきます。弁護士は、相続のトラブルや解決調停と裁判の弁護を担当できますが、相続税に関しては税理士資格がなければ行えません。司法書士は、相続登記と遺言書の作成です。また、相続財産の評価と相続税の申告を担当できるのが税理士となります。自身の問題に適した専門家選びが大事です。

相続手続きの相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。実績で信頼されております。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

相続手続きについて

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求対策

自己破産について

借金相談について

相続手続き

遺産分割協議

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る