Know the Overpaid知らなきゃ損する過払い請求

弁護士と法律事務所という名称について

法律系の士業には弁護士の他に行政書士、司法書士、海事代理士、社会保険労務士などがあります。 いずれも国家資格であり、法律を専門に扱うスペシャリストですが、開業して事務所の名称を決める際には注意をしなければなりません。

日本弁護士会連合会と規制により、弁護士以外は法律事務所という名称を用いてはいけないのです。 たとえば、行政書士が事務所を構える場合、「○○法律事務所」はダメで、「○○行政書士事務所」とか、「○○法務事務所」という名称を用いることになります。

司法書士や海事代理士、社会保険労務士が事務所を開く際も同様です。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」でチェック。

弁護士、法律事務所事務所には費用を分割で支払える所が多い

弁護士、法律事務所への相談を検討するものの、実際に相談しない理由のほとんどが必要経費ではないでしょうか。高額な費用を支払うくらいなら、まず自力で解決を試みる方も多いでしょう。しかしこれが対人トラブルの場合、素人が自力でどうにかできる猶予があるとも限りません。

事態を悪化させる前に知っておきたい耳寄り情報があります。それは、大抵の弁護士、法律事務所事務所では経費の分割払いに対応している、というものです。そもそも法的トラブルのほとんどは金銭が絡みますので、費用を一括で支払えない方も多く存在します。だから分割払いに対応している事務所が多いのですね。

弁護士、法律事務所に相談できる場所はどのような所があるか

近年ではほとんどの法律事務所が電話やインターネットによる無料相談を行なっています。そのため以前に比べると弁護士、法律事務所に相談するための窓口も多くなっていますが、法律事務所以外にも窓口があることをご存知でしょうか?

最も有名なのが、国の出資で設立された法的トラブルの総合案内所「日本司法支援センター」通称、法テラスです。市民からの相談に応じて適切な司法団体の窓口を案内してくれます。日弁連の支援により、弁護士、法律事務所不足の地域に設置されるのが「ひまわり公設事務所」です。活動内容は一般の法律事務所と同じく、依頼人の法的トラブルを解決してくれます。

弁護士に相続相談する

相続相談をおこなうなかで一番大きくイメージするのは弁護士でしょう。弁護士においては万が一、遺産トラブルに発展した場合において家庭裁判所での手続きや代理権を持っていますので、頼りになる存在である事は間違いないでしょう。

遺産相続についても細かな法律についても熟知していますので、その都度より詳細な情報を与えてくれる存在になるでしょう。また、弁護士においては取り扱う案件が多岐に渡りますので、弁護士によっては遺産相続を専門としていない人もいますので、遺産相続を専門としている人に相談し依頼することがポイントになります。

弁護士の仕事は多岐にわたります

弁護士は私生活のありとあらゆる問題を解決してくれます。交通事故慰謝料問題、離婚問題、借金問題、法律に関わることならなんでも相談することができ、対応してくれます。代理裁判を起こして、裁判で証言をしてくれたり、必要書面を作成、必要書類を集めたりと裁判以外の所でも活躍をしてくれます。

相談に乗る事も大きな仕事として無料相談会などを開き市民の悩みに耳を傾けています。とても頼りに弁護士なので私生活で困ったことがあればなんでも相談してください。全て理想通りに解決してくれます。多岐にわたる仕事を行っていますので拒否をされるといったことなどありません。

弁護士、法律事務所について

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求対策

自己破産について

借金相談について

相続手続き

遺産分割協議

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る