Know the Overpaid知らなきゃ損する過払い請求

目次

  1. 大阪の弁護士費用について
  2. 専業主婦が離婚する際は弁護士、法律事務所に相談すべき
  3. 弁護士に向いていない人って?
  4. 弁護士の義務は何なのか
  5. 弁護士の業務について

大阪の弁護士費用について

弁護士費用は高いというイメージが強いですが、弁護士費用は、相談内容や業務内容により金額が異なります。また、担当する弁護士によっても費用が異なるようです。

弁護士費用は主に、報酬と実費の2種類に分けられます。報酬とは、報酬金、着手金、手数料、相談料、鑑定料、顧問料などになります。実費とは、業務処理にかかった費用で、交通費、収入印紙代、通信費などになります。

業務開始時に支払うものや解決してから支払うものなど、それぞれ支払う時期が異なります。弁護士は依頼主に弁護士費用についての説明を必ずしなければいけない義務がありますので、事前に確認しましょう。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」でチェック。

専業主婦が離婚する際は弁護士、法律事務所に相談すべき

あなたは慰謝料についてどれだけの事をご存知でしょうか。収入源のない専業主婦なら誰でも貰えるものとお思いかも知れませんが、それは誤解です。慰謝料は離婚原因によって支払う側と金額が変わるもので、夫の側に何の非もなければ慰謝料は受け取れませんし、原因によってはむしろ妻の側が支払う事になります。

では専業主婦は離婚後の生活費をどうすれば良いのかというと、財産分与や婚姻費用分担請求などによって当面の費用は確保できるでしょう。このような請求を行うためにも、離婚の際にはあらかじめ弁護士事務所に相談しておくと良いでしょう。特にお子様がいる場合は、親権や養育費の問題がありますので、必ず相談しましょう。

弁護士に向いていない人って?

弁護士に向いていない人ってどのような人があげられるのでしょうか?大事なのは公私混同しない人です。以外かもしれませんが、常に冷静で、第三者的な判断ができる人・・・これがとても大切です。法律に基づいて話を進めていくと、この人の場合これではひどすぎるのではないかと思うようなことも出てきます。

しかしそういった時に、情に流されて、法律をおろそかにするようでは到底弁護士に向いていると言えません。優しさはとても大事なものですが、それだけではだめです。きちんと法律に基づいて人を導いていける強さのある人でないといけません。

弁護士の義務は何なのか

基本的な義務は2つです。1つ目は、基本的人権の擁護、社会正義の実現を使命として、誠実に職務を行い、社会秩序の維持と法律制度の改善に努めていく義務があり、資格を悪用するのではなく、人権実現のために努力をしていくという義務です。

2つ目は常に深い教養の保持と高い品性を胸に、法令と法律事務を行わなくてはいけないという義務です。一般的に期待されている弁護士像を汚すような行動をとってはいけない、常に良い仕事が出来るように邁進することです。このように弁護士は厳しい職業倫理が課せられ、これをクリアするために日々業務にあたっています。

弁護士の業務について

弁護士の業務については多岐にわたることがあげられ、その代表としてあげられるのがトラブルにおいて、裁判沙汰などになった紛争を法的に解決していくことです。同じ法律家であることから、司法書士と混同する人も多いですが、それぞれに異なった役割を持っていますので、法律家に依頼をする場合においては、法律家の業務内容をしっかりと理解し、それぞれの法律家にあった内容の案件を依頼すべきだと言えるでしょう。

最近では、初回は無料相談をしてくれるケースも多いので、以前よりもハードルが低く、依頼しやすいことがあげられるでしょう。

弁護士、法律事務所について

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求対策

自己破産について

借金相談について

相続手続き

遺産分割協議

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る