Know the Overpaid知らなきゃ損する過払い請求

ご挨拶

CM、やチラシ広告などで、よく目にする「お金を取り戻せる過払い請求」ですが、具体的な詳細内容は知らない方も多いと思います。

Know the Overpaidでは過払い請求の情報を掲載しております。

毎月支払ってきた、金額の一部が戻ってくるという手続きは不安のある方も大勢いらっしゃるのではないかと思い、サイトを立ち上げました。

少しでも、お役に立てましたら幸いです。

過払い請求ガイド http://www.naseva.info/

100万円を超える事もある過払い請求

人によっては金銭感覚が若干異なる事もあります。ある金額において高いと感じる人もいれば、逆に安いと感じる事もあるかもしれません。

しかし、100万円という金額は多くの人にとって非常に高額なものと言えるでしょう。100万円もあれば、時には車が手に入る事もあります。

なんと、過払い請求を行う事によって100万円を超える様な高額なお金が戻って来た人もいるみたいです。例えば過払い請求で戻って来たこのお金を生活費として使うとかなり生活できそうですね。

ごくまれにですが、この様に高額なお金が手元に返ってきたという人もいる様です。もし生活に困っている時であれば、きっととても助かる事でしょう。

過去の消費者金融の借り入れの過払いを行う

現在返済を行っている消費者金融の借り入れの過払いを行う事はもちろんですが、すでに返済を終えている消費者金融の借り入れの過払いを行う事も場合により可能です。

何度か消費者金融から借入を行っている人は、まとめて過払いの手続きを行うといいでしょう。そうする事で手間を省く事ができます。過去の消費者金融の借り入れの過払いを行うというのは、条件付きで可能となります。

というのも、過去の消費者金融の借り入れの過払いを行うには、時効について考慮する必要があります。この時効というのは非常に重要であり、取り戻す事ができるかどうかに関わります。かなり前の取引となれば注意が必要となります。

銀行の過払い金について

銀行から借り入れをする際には、過払い金の発生の可能性について、前もってきちんと理解することが重要となります。 現在のところ、過払い請求のメリットについて、実に様々なメディアで紹介されることがありますが、過払いのリスクに対処をするうえで、優秀な法律事務所のスタッフから助言を受けることがおすすめです。

また、銀行の借入金の総額については、素人がスムーズに計算をすることが難しいケースがあるため、まずは定期的に担当の弁護士や司法書士に相談をすることによって、将来的なトラブルの発生を未然に防ぐことができます。

過払い請求を行って利息を取り戻しましょう

過払い請求で過去に生じた多重債務の払いすぎた法定利息以上の利息を取り戻しましょう。そのためにはまず、専門の弁護士や司法書士の事務所に相談することから始まります。自分の依頼に合った弁護士や司法書士が見つかったら、依頼しましょう。

その後は、専門家がローン会社等との交渉など、手続きのすべてを行ってくれます。専門家に支払うこととなる報酬は、取り戻すことのできた、過払い金の中から支払うことが、最近では一般的になっています。注意点としては、過払い請求したローン会社からは、今後借入できなくなることがあるということです。

債務整理で借金の負担が軽くなる

債務整理をすることで、借金の負担を軽くすることができます。債務整理で具体的に行われるのは、毎月の支払額を少なくしたり、利息を引き下げたりすることです。これを行う状況にある人は、すでに毎月の収入から十分に支払っていけるだけの余力がありません。

そこで、交渉によって支払いをすることができるようにします。ただし、個人がこれを申し込んでも業者は応じてくれません。必ず弁護士が間に入れて交渉しなくてはなりません。債務整理が行われると、それは信用情報に記録されるため、他社の利用などはできなくなる点に注意が必要です。

自己破産の手続きも行える借金相談

弁護士や司法書士などによって取り扱われている借金相談の業務には、債務整理の手続きへと進められるケースも多く存在しています。借金を抱える中で、返済が滞ってしまうなどの問題が発生している方にとって手早く速やかに解決させられる方法でもあり、借入先との直接的な交渉や、裁判所への申請が行われます。

どのような手段をとっても完全な返済を済ませることが困難な場合においては、自己破産の手続きが進められます。借金額が帳消しとなり、返済義務がなくなることで、日々の生活や将来設計の見直しが可能となり、人生への希望を取り戻せるでしょう。

多重債務者においての債務整理

多重債務者においての債務整理については、選ぶ手段によって今後が大きく変わってくることが予想されます。返済の能力もちろんですが、所有している財産などによって手段も変わってきますので自分だけで決めるよりも、弁護士などに相談することで適した債務の整理の方法を選ぶことができるでしょう。

借金の解決をおこなう債務の整理については、第二の人生を歩むうえでもしっかりと考えていくことが必要とされてきます。そのような部分においても法律事務所では、より良いアドバイスをくださいますので、参考にすることができるでしょう。

自己破産は債務整理でも管財人を必要とする

管財人は、自己破産を起こす場合に必要な人です。この人に財産について考えてもらい、債権者と相談してもらいます。債権者は、残されている財産から一定の金額を受け取る代わりに、自己破産を認めています。

管財人は、その割当てを決めるために用意されていて、分割するために重要な役割を持っています。債務整理には、管財人を立てなくてもいい場合があります。その場合は相談によって決められていることで解決するのですが、管財人を立てないと駄目なケースでは絶対に作ってください。多くの場合は、依頼を出している弁護士などが対応します。

自己破産をしている女性も債務整理で

女性で自己破産というのは少ない傾向にありますが、意外と行っている方も出ています。行っている方は、何らかの事業に失敗しているか、借金を作る要素を多く持っていたことで行うしかない状況となります。

返済できると思っていたら、全く返済できる状況にならないなど、思っていた状況と違う状態になり、債務整理の依頼を出している場合も多いのです。女性でも話をしてくれる弁護士が多いですし、女性の弁護士が担当してくれる場合もあります。自分が気になっている情報を教えてもらいながら、最適な方法を選び、自己破産を決める場合もあります。

多重債務における債務整理の4つの方法

生活費の補填や会社経営での資金調達などが理由で、多重債務となってしまう場合があります。返済が滞ってしまったら、債務整理をして借金の減額や返済義務の免責を試みます。大きく分けると、以下の4つがあります。まず、債権者と交渉し、利息分の免除などで借金を減額してもらう任意整理です。

次に、調停委員が仲裁役となり、簡易裁判所で話し合いをする特定調停です。3つ目は、減額された借金を原則3年で完済する個人再生です。4つ目は、所有財産を手放す代わりに、借金全額を免除してもらう自己破綻です。収入や借金総額など、それぞれの事情によって適した方法は異なりますので、専門家に相談して自分に合った債務整理を行いましょう。

遺産相続手続きは法律の専門家に依頼しましょう

遺産相続手続きを、素人が自分一人で全て行うのは無理があります。法律の専門家の協力を得ながら行うのが一般的です。依頼可能な専門家は4種類あり、それぞれ得意分野が違うので複数に依頼する事となるでしょう。

まず遺産相続に関するトラブル解決は、弁護士に依頼しましょう。相続争いがあっては手続き以前の問題です。相続では相続税の支払いが要される場合もあります。税金に関しては税理士に相談しましょう。

相続には付き物の不動産に関しては、司法書士が得意としています。相続手続きのための書類作成は行政書士の得意分野です。行政書士に依頼すれば必要経費を比較的低額で済ませることができます。

遺産相続手続きが未来を変える

受け取ることを狙うのか、それとも受け取らないで捨ててしまうのか、これによってかなり変わってくるのも事実です。最初のうちは、受け取らなくてもいいだろうと思っている方もいますが、遺産相続手続きをして受け取ったほうがいいケースも多く、遺産というのは大事になってきます。

金銭的に相当大きな場合もありますので、金額が多くなっていればいるほど、受け取るための準備も行ってください。いい部分をしっかり作りつつ、なるべく受け取って将来的に使っていくことを検討してください。使わないで残しておくのもいいですが、受け取ったら使いたいものです。

遺産相続手続きは個人でもできる

他の人の力を借りないといけないように思われる遺産相続手続きですが、個人でも実施できるようにしており、トラブルがなければ簡単に完了する仕組みとなっています。銀行へ行って手続きをしていると、銀行口座に残っている遺産は自分の口座に入れてくれます。

一定の期限までに終わらせていれば、遺産は自分のものとなり、残されている金額は口座に入ります。遺産相続手続きを担当している団体もいますが、個人でも対応できる場合は自分で対応したほうが楽ですし、何よりも費用がかかりません。自分だけでもできることには挑戦して、無理なく終わらせてください。

相続相談の詳細について

相続相談を受けていくなかで、基本的な相続内容について聞かれるケースがあります。相続は故人の財産を受け継いでいくことを指しますが、相続する内容は財産だけではなく、故人の人生観や家風まで受け継いでいくのが本来の相続のかたちなのです。

昨今においては財産ばかりに注目がいってしまうようになりましたが、本来であればこのような意味合いも含まれています。遺産を相続することで故人の財産だけではなく、思いなども受け継ぐようにすることが大切になってきます。相続手続きなどで不明な点や疑問な点があれば、専門家に相談して見ることをおすすめします。

全員の同意が必要な遺産分割協議です

遺産分割協議は、毎回全員が集まる必要はありません。電話などで詳細を詰めていくことも出来ます。しかしながら分割協議を成立させる時には、相続人の全員が押印しなくてはいけません。また一旦成立した分割協議の内容は解除することが出来ません。

遺産分割協議を終了する際に内容にサインする場合には、全員が必ず参加していなければなりません。1人でも欠席している場合には無効となります。遺産分割協議を早く終わらせたいからといって、欠席者は後日サインをするということも認められていないので、その場合にも無効となってしまいますので、必ず全員が参加するようにしてください。

遺産分割協議で争わないために

遺産相続と聞くと、大富豪の子供が争っているイメージですが、それはドラマの中だけではなく、実際に起こりうることです。そうならないためにも、遺産分割協議について知識を蓄え、正しい内容を把握して挑まなければ、相続人争いに発展してしまうでしょう。

ですが、一人一人が知識をつけたとしても、争いが免れる事はありませんので、協議を行う際に必ず議事録を作成することや、相続人は協議に参加した人以外いないことを、その場で告げなければなりません。相続人全員が納得できて、初めて分割となるので、全員が納得できるような協議を行いましょう。

予定より長引く事もある相続税税務調査

聞いた話によると、相続税税務調査は2日程度かけて行われる事が多いみたいですね。しかし、家の規模やいろんな遺産がある場合など、複雑になるケースもあると思われます。ですので、相続税税務調査は必ず2日で終了するとも言い切れない場合があると思います。

場合によっては、相続税税務調査が予定よりも長引いてしまうという事もあるかもしれませんね。相続税税務調査のスケジュールについては、念のために少し長引いても問題ない様に調整しておいた方がいいかもしれませんね。

また、その一方で相続税税務調査は予定より早く終了するという事もあるかもしれませんね。調査の期間というのは目安と言えるでしょう。

過払い請求の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求対策

自己破産について

借金相談について

相続手続き

遺産分割協議

弁護士と法律事務所

ページトップへ戻る